Keisan

47NEWS

無料ブログはココログ

2017年5月28日 (日)

桐の花咲くころ

東武竹沢の奥の方に桐の花が咲いていました

毎年咲いていたと思いますが
いままで気が付きませんでしたね(^^;

木々の回りが整理され東上線電車と絡めて
撮影できるようになりましたので
他の撮影の傍ら1週間ほど粘ってみました

ただ花の時期は少し外してしまったようです

↓2017/5/14  811100F

20170514a_81100_3

↓2017/5/14  81107F

20170514b_81107

↓2017/5/14  81**F

20170514c

↓↓2017/5/14  81107F

20170514d_81107

20170514e_81107

↓2017/5/14  81**F

20170514f

20170514g

↓2017/5/16  8198F

20170516i_8198

↓2017/5/16  81111F

20170516j_81111

20170516h

↓2017/5/19  8197F

20170519k_8197

↓2017/5/19  8198F

20170519l_8198

↓2017/5/20  8198F

20170520m_8198

20170520n_8198

↓実は国道から簡単に撮れるのです(^^
そして本日は毎年恒例、早稲田大学の100キロハイク
仮装した学生さんたちは沿道の人や観光客を楽しませてくれます
ただ、とても辛そうに歩いている方もいるのでかわいそう(^^;

20170520o

↓2017/5/20  8197F

20170520p_8197

↓↓2017/5/20  8198F

20170520q_8198

20170520r_8198

↓2017/5/20  81111F

20170520s_81111

20170520t_81111

(以上撮影 東武竹沢-男衾)

閲覧ありがとうございました

2017年5月26日 (金)

男衾自然園へ

東武東上線、H29/5/20(土)の撮影、続きです

荒川橋梁での撮影を終え、〆は男衾自然での撮影です
午前中この辺りまでが光線的に綺麗に撮れそうです

↓8198F

20170520a_8198

↓81**F

20170520b

↓81111F

20170520c_81111

↓つつじの花、花はこれしかなかったですね
残念なことに列車と絡められる所ではありません

20170520d_2

↓↓8198F

20170520e_8198

20170520f_8198

↓81**F

この日はちょっと広めの撮影をしてみました

20170520g

↓↓81111F

20170520h_81111

20170520i_81111

↓この蜂(クマンバチ?)がやたら飛んでいて少し危ないw

20170520j

↓もうトンボが居ました!

20170520k

↓8198F 木々の隙間から・・・

20170520l_8198

↓81**F

20170520m

↓81111F

20170520n_81111

以上、閲覧ありがとうございました

2017年5月25日 (木)

荒川橋梁

東武東上線、H29/5/20(土)の撮影、続きです

小園での撮影を7時頃で終わりにして
次は玉淀の荒川橋梁へ向かいました

光線的には朝一番からのほうが良さそうですが、
影の引いた8時くらい方が良い感じです

↓↓8198F 青い鳥号

20170520a_8198_2

20170520b_8198

↓↓81111F セイジクリーム

20170520c_81111

20170520d_81111

↓↓8199F とりあえずここまで3セット

20170520e_8199

20170520f_8199

↓大きな魚がいますね、鯉かな?

20170520g

↓8198F

河原(岩場?)に降りての撮影です
中州に砂利が随分と溜まってきました
ほんとはそこに移りたかったのだがムリでした
水鏡がもう少し安定してるとよかったけどね

20170520h_8198

↓81111F

20170520i_81111

↓毎度のことだけど随分と塗装剥げてますね、だいぶ朽ちてきました
もっともここだけではなく他の鉄橋も塗装剥げてますけど(^^;

20170520j

ところでこの鉄橋、随分前からから廃線になるという
噂なのだかどうなってるいるのだろう?
始めて聞いたのは20年くらい前かな・・・

最近この付近に住む人達からもそんな話を聞いたので
(区間的には男衾-寄居の廃線)
マニア間の噂ではないんだ?と思ったところです

既に竣工から92年、着工からは100年を超えてますね
今直ぐ廃線にするには問題が多過ぎて不可能だと思いますが
こんな状態を見ると今後を疑ってしまいます
架け替えるにしも数年はかかるでしょう
通常は新しい橋を作ってから付替えますがね

ここで営業的な問題抜きにマニアの視点だけで考えてみましょう
あくまで私個人の考えですのでそれだけは付け加えておきます

仮に廃線となると本線との車両の遣り繰りするルートが絶たれる
小川町-寄居は八高線ルートがありますが
その場合寄居到着の時点で方転してしまうことになるので
小川町-高崎(操)-熊谷(タ)-秩父武川駅というルートになるかもしれない
とうぜん小川町では八高線と線路を繋がなくてはならないし
JRFは八高線用の機関車を持っていないのでJR東から借りることになる

DD51牽引の回送を見てみたいという願望はありますが(^^

ただ費用的にはいろいろと問題が出てきそうですね

じゃぁ、この回送そのものを無くしたらどうだろう?

南栗橋工場での車両検査ができなくなるので
現状ではキャパシティーが足りないのであろう
川越工場で全ての車両の検査を行うことになる

新規の車両整備工場は考えられないだろうから
たぶん運用削減してでも間に合にあわせるようにする
10両から8両又は6両編成に変更する編成もあるかもしれない

一番の問題は検査で塗装工程のある8000系
川越工場では塗装ができないので南栗橋工場まで送ってるのだが
こちらは無塗装の編成に置き換える(20000改?)と思う
 

越生線は置き換えと思うが、小川町以北は廃線になってもおかしくない
竹沢も含めて寄居までは八高線ルートは確保されていますしね
ただ男衾駅も鉢形駅もリニューアルしたばっかりなので
廃線なら無駄になってしまう・・・それはもったいないと思います

なら噂通りに男衾までは残してそれ以北は代行バス
代行バスも単純に男衾-寄居を結ぶのではなく
地域に密着したコミュティバス等での運転のほうが易しいですね

東上線の8000系も1978年から1983年製造で
車齢も既に34年から39年になります
東武は50年は使いそうで何ともいえませんが
他社ならそろそろ(とっくに?)置き換えの時期ではありますね
8000系も
解体なら本線なのでそれまでに、という事になります

まぁ、どちらにしても8000系の未来は明るくないのは確かですね
その頃になって慌てなくてもいいよう、しっかり今を記録しておきましょう

・・・と言っている私自身が先にくたばりそうです?ね (^^;

2017年5月24日 (水)

ブラシノキの花が開花

東武東上線、5/20(土)の撮影、続きです

麦畑近くにあるあるブラシノキの花が咲き始めました

↓8198F

まだ一部分の開花なのですが絵的には良いところでしょうか
花は影になってしまうのでストロボ併用しています

20170520a_8198

↓81111F

20170520b_81111

↓81100F

このカットのみストロボなしです
光線的にはあまりよくありませんね

20170520c_81100

(以上撮影 男衾-鉢形)

閲覧ありがとうございました

2017年5月23日 (火)

男衾-鉢形は小園で撮影

東武東上線、5/20(土)の撮影です

先週末は色々とイベントあったようですが
私は以北の撮影専念といことで・・・
けっこう撮影できたので順次アップしていきます

↓↓81100F

ここは小園(こぞの)っていう地名なんですね
男衾でも鉢形でもないんですね(^^;今更ですが・・・

20170520a_81100

20170520b_81100

20170520c_81100

↓今ツバメは素作りの真っ最中
田んぼの泥をもっていくんだね

20170520d

20170520e

↓8199F

20170520f_8199

↓上空には4発機・・・と、CCDにゴミあるなwww

20170520g

↓↓8198F

麦の秋、収穫も間近ですね

20170520h_8198

20170520i_8198

↓↓81111F

20170520j_81111

20170520k_81111

20170520l

↓8198F

ここの田畑を管理している方によると (ここは共同経営なのだそう)
来年の春にはレンゲソウの花畑としたいそうです
今年もしたかったそうですが種が売り切れ (買うの?(^^;

レンゲは緑肥として昔は田植え前に咲いているのをよく見ましたね
子供たちの遊ぶ姿も見てみたいとかで、
来年を楽しみにしてとのこと

20170520m_8198

↓81111F

また畦道によく咲いているクローバーも緑肥としてつかえるのだそうだ
今見るのはその名残なのでしょうね

20170520n_81111_2

2017年5月22日 (月)

朝の菖蒲沢から

週末は8000系リバイバルが入っていたことから
地元の菖蒲沢にて始発からの撮影となりました

日の出も4:30くらいとなり今が一番撮りやすいですね
ただ5:30過ぎると日も強くなり、日の当たっている所と
影の所のコントラストが強すぎて絵になりません

今は上り下りの始発電車だけが狙い目のようです

↓2017/5/20 31*15F 1000レは上り始発電車

20170520a_315

↓↓2017/5/20 8198F Y71回送は下りの始発電車になります

20170520b_8198

20170520c_8198

20170520d_8198

↓2017/5/21 11031F 1000レ

20170521e_131

↓↓2017/5/21 81111F Y71回送

20170521f_81111

20170521g_81111

20170521h_81111

(以上撮影 武蔵嵐山-小川町)

閲覧ありがとうございました

2017年5月21日 (日)

パレオEXP 赤プレデフ装飾

本日のC58は[C58363]の赤プレートに交換、
更にデフには鳳凰の装飾も施されていました
連結器付近への銀ペンによるタッチなど
お召装備の(ような・・・)出で立ちでの運転となりました

↓↓永田-小前田

20170521a_c58363plo_2

煙は期待できないだろうと思ってはいたがw

20170521b_c58363plo

↓↓寄居-波久礼

寄居駅には東上線で運用中の8198Fフライングが見える

20170521c_c58363plo

20170521d_c58363plo

20170521e_c58363plo

どうせならロっドにも赤を入れてほしかったですね

20170521f_c58363plo

↓↓樋口-野上

20170521g_c58363plo

20170521h_c58363plo

20170521i_c58363plo

本日の秩父地方は30度を超える真夏日でした(^^;
おかげで煙はまるっきり無www
真夏のSLはやっぱり魅力に欠けますね

↓↓上長瀞-親鼻

20170521j_c58363plo

20170521k_c58363plo

八高線 検測

2017/5/20(土)、キヤE193系、East i-Dによる
JR八高線の検測があったので撮影してみました

↓↓実はたまたま小川町駅よこを通りかかったときに発見(^^;

20170520a_id21

往路は終了し復路の小川町バカ停のようでした

20170520b_id21

↓とりあえずは竹沢駅付近へ移動
待つことにしました

20170520c_112205

↓もう夕方17時前になります
けっこう小川町に停車していました

20170520d_id21

↓時間調整なのかどうかわかりませんが
ほんとにゆっくりとやってきました
復路も検測はしてるのでしょうね?

20170520e_id21

20170520f_id21

↓見られてますか?

20170520g_id21

20170520h_id21

以上、閲覧ありがとうございました

2017年5月20日 (土)

東上線 5/19の撮影から

東武東上線、H29/5/19(金)の撮影です

この日も出勤前のひと仕事・・・

↓31*12F  (武蔵嵐山-小川町)

まずは何時もの菖蒲沢から、

20170519a_312

↓↓81100F  (武蔵嵐山-小川町)

露出といい、ホワイトバランスといい、
この色が一番安定している、カメラ任せでOKで楽です(^^;

20170519b_81100

20170519c_81100

↓81100F  (東武竹沢-男衾)

ここの水鏡もラストになりそう

20170519d_81100

↓8197F

もう半分苗が植わってます

20170519e_8197

↓↓8198F

最後にフライング青い鳥号を撮影して終了です

20170519f_8198

20170519g_8198

2017年5月19日 (金)

51009F 検明

5万系51009Fが川越工場より検査明け出場
今はきれいな姿で走ってます

↓2017/5/18  森林公園→つきのわ

20170518a_509

↓2017/5/19  武蔵嵐山→小川町

20170519b_509

↓2017/5/19  小川町→武蔵嵐山

20170519c_509

«森林公園収容線 5/18の撮影から

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31